ヒアルロン酸を塗るのか飲むのか

ヒアルロン酸を摂取すると言っても、その方法は2通りあります。
1つは肌に塗って摂取する方法、もう1つは飲んで摂取する方法です。
■ヒアルロン酸を塗るメリットは
ヒアルロン酸が含まれる化粧品やクリームを塗ることで、肌を艶やかにして綺麗な状態に保つことができます。
また、乾燥肌を防いだりする効果もありますから、美容以外の効果も得られるメリットがあります。
■十分に浸透しないデメリットも
ただ、肌に塗ってヒアルロン酸を摂取しても、十分に浸透するわけではありません。
どうしても化粧品などに含まれるヒアルロン酸は、分子が大きいことから吸収がそこまで良くないのです。
したがって、表皮の部分には浸透しても、真皮の部分にまでは浸透しないので、一時的な保湿効果しか得られないのです。
■本当に保湿を保ちたいなら飲むヒアルロン酸を
一方でサプリメントなどの飲むタイプのヒアルロン酸は、低分子となっていますから、しっかりと体内から吸収してくれるので、長期に渡って保湿を保ってくれるのです。
ですから、本当の意味で美容を維持することができますし、長い目で見ればサプリメントでの摂取の方が効果的なのです。
■両方を必要に応じて活用すればいい
ただ、飲んでヒアルロン酸を摂取しても、すぐに効果が得られるわけではありません。
それを考えると、やはり塗ることによるヒアルロン酸の摂取が必要な人もいるわけです。
ですから、両方を必要に応じて活用すればいいですし、どちらかにこだわる必要もないと思います。
■どこまで求めたいのか
あとは、ヒアルロン酸でどこまでを追求するかによっても、取り組み方も違うと思います。
最低限の美容が保てればいいのか、それとも最高の美容を目指したいのかによっても、どの方法でヒアルロン酸を取り入れるか違ってくると思います。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP